三帆舎とは

トップ  >  書籍出版:三帆舎  >  三帆舎とは
兵庫県宝塚市・川西市・猪名川町かいわいで
ミニコミ紙を作り続けて20年のぶんぶん編集室には
小さな出版社「三帆舎(さんぽしゃ)」部門があります。

書店の減少、若年層の活字離れがすすむなか、インターネット経由による書籍購入の一般化や趣味趣向の多様化もあり、大量部数でなくても、求められる書籍を販売できる状況が整っているともいえます。

地元で培った編集・企画力を生かし、
地域の著者が心を込めて綴った作品を、
上質な情報を求める読者に届けるため、
流通経路へと橋渡しをする
ことが三帆舎の役割です。

三帆舎のページへ